今が旬 魚の案内
シャコの案内
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
品名
シャコ蝦蛄 トゲエビ上目 シャコ科 Squilla,Mantis shrimp
(直訳すると”カマキリ 小エビ”となる。)

目利き
オス・メスの見分け方は、脚の付け根に2本の細い足のようなものがついているものがオス。
付いていない物がメス。

卵を持ってくると尾びれの裏が黄色くなります。
下の写真は、メスの尾びれの裏側です。 黄色くなっているのが分かるでしょうか。 卵が詰まっている証拠です。

特徴
オス・メスの見分け方は、脚の付け根に2本の細い足のようなものがついているものがオス。
付いていない物がメス。
下の写真がオスです。
蒸したシャコですが、 脚の付け根に”ヒモ”というか何というか2本 ついています。

産地
ほとんどが瀬戸内海産です。

特徴の続き。 下の写真がメスですが、脚の付け根 には何もついていません。

旬時期
旬は、「彼岸シャコ」といって、3~4月。 9~10月のシャコも身が多くて美味しい。
美味しい時期
1月 漁獲量が少なく寒くて餌を食べないのでやせている。
2月 少しずつ身が詰まってくる。  ★
3月 漁獲量も増えて子持ちが増える。 ★
4月 花見シャコ・産卵時期    ★
5月 子持ちが半分になる。    ★
6月 二番子を持ってくる。    
7月 二番子に身が詰まってくる。第二産卵時期
8月 新子が詰まってくる。    ★
9月 身が詰まってくる。    ★
10月 身がいっぱい詰まってくる。   ★
11月 脱皮時期。後ろ半身が甘くて美味しい。 
12月 少しうち子が入って美味しくなる。 ★

★は、おいしい時期。

種類
下側の写真は生のシャコですが、メスの場合脚と脚の間の 部分が白っぽくなります。

その他
「シャコつめ」と言って珍味と呼ばれる部分です。
食べてみましたが、シャコというより”カニの身”に 良く似ています。