今が旬 魚の案内
イカナゴ
の案内
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
品名
イカナゴ
玉筋魚
スズキ目 イカナゴ科 Japanese sand lance(sand lance:イカナゴの意)

目利き
見分け方は腹が切れてきますから簡単に判ります、
又背中の色が青茶色になっていると脂がのっています。 どっちが脂がのっているでしょうか?

答えは向かって右側です。

名前の由来
カナは「糸」。イは接頭語。つまり糸のように細い魚。
昔、カマスの子だと思われていたらしい。

特徴
口はとがっており、歯がありません。ヒレに棘条がない。腹ビレがありません。
砂泥底付近で生活し敵が近づくと砂底に潜ります。 水温が約19℃を超えると砂底で夏眠をします。
秋に水温が17℃程に下がると 再び泳ぎだし餌を食べて冬の産卵に備えます。 水温が高くなるとお休みするのが特徴です。

歯がありません。

背びれには、棘のようなものがありません。

産卵時期

産地
主に瀬戸内海

その他

腹びれはなく、尻びれしかありません。