今が旬 魚の案内
シズ イボダイ
の案内
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
品名
シズ イボダイ
(疣鯛) スズキ目 イボダイ科 Wart perch

目利き
体表がぬるぬるしているもの。腹のしっかりしている物。
鮮度が落ちるとヌメリがなくなり、皮がカサカサになります。
身の柔らかい魚ですので、堅さはあまり気にしないでも良いです。
粘液を出すのがこの魚の特徴です。

ぬめりの多いものが鮮度が良いです。

名前の由来
イボダイの名前の由来の”イボ”です。
というよりイボダイの”イボ”は、灸の跡を”いぼお”
という所からこの特徴のある斑点を指したものといわれています。

赤い矢印の部分が”イボ”と呼ばれている所です。

特徴
イボダイと言われてもタイ(鯛)とは全くの無縁です。
イボダイの仲間に、「マナガツオ」、「メダイ」があります。
分布は、仙台、新潟以南の暖海から広域に渡っているが、とりわけ東シナ海で多産します。

イボダイは幼魚の間、「カツオノエボシ」またの名を「デンキクラゲ」の触手に身を隠しています。
故に広島では、クラゲウオとも呼ばれています。

ところがいったん成長したイボダイは、カツオノエボシを好んで食べるらしいです。
イボダイには胃の前部に腎臓型の食道嚢が左右一対あり、これでクラゲを消化することが出来ます。
恩を仇で返すとはまさにこのことでしょうか。

産地
播磨灘、九州沿岸、瀬戸内海産が主に入荷します。
瀬戸内のものが主です。

旬時期
夏から秋(近海もの)。秋から春先にかけてが旬。
暖水系の魚で、冬場には東シナ海の底引き網で大量に獲れますが、
水分がやや多いが脂があってくせのない白身魚です。