今が旬 魚の案内
アブラメ(アイナメ)
の案内
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
品名
アブラメ(アイナメ)
鮎並,愛魚女,相嘗
カサゴ目 アイナメ科 Greenling

特徴
主に海藻が生い茂る岩礁の海に生息します。
同じ場所にいてあまり動きません。 行動範囲が狭いのであまり外洋性のところにはすみません。
体は、細かいウロコで覆われ逆になでるとザラザラした感触があります。 それが落ちアユの肌の感触に似ているので、「鮎魚女」の字が当てられた という説もあります。

アイナメの尾ビレの後縁は、ほとんど真っ直ぐで側線が5本。
アイナメによく似た「クジメ」は、後縁が丸みを帯びている。側線が1本。

尾びれの部分がほとんど真っ直ぐなのが分かると思います。

産地
主に瀬戸内海産。

旬時期
初春から初夏にかけて

その他
産卵期は、秋から冬にかけてで、水温19℃~18℃で始まり、
13℃~12℃まで続きます。

アイナメのオスは、産卵期になると体色が黄色っぽくなります。
いわゆる婚姻色で、海の魚で婚姻色が現れるのはこのアイナメだけです。

また産卵後、メスは知らん顔で、はいさようならと去ってしまうのに対して、
オスは、卵が孵化するまで、つきっきりで卵を護ります。

卵を護るもっともな理由は、他の魚からもそうですが、
自分たちの仲間から卵を護るためです。
この類は仲間の卵を好んで食べる習性があり、卵を狙って闘争を演じることがあるくらいです。
この時期に親魚を釣ってしまうと、卵が路頭に迷い、他の魚や仲間たちに
食べられてしまいます。
魚の数が減るので出来れば禁止したいものです。

赤色が好きとも言われています。