今が旬 魚の案内
ワタリガニ(ガザミ)
の案内
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
品名
ワタリガニ(ガザミ)
渡り蟹(蝤蛑)
十脚目 ワタリガニ科 Swimming crab

目利き
甲羅の硬いもの、比重の重いもの。活きていても比重の軽いものはダメです。

第五脚(遊泳脚)の付け根の部分の膨らんでいる所を抑えて固ければ、
身が詰まっている証拠です。

名前の由来
ガザミは、別名「ワタリガニ」と呼ばれます。なぜかというと夜、海を渡り歩くことからついた名前です。 渡るといっても歩いて渡るのではなく、泳いで渡ります。 英名の「swimming crab」というのもよくわかりますね。
泳ぐためにほかのカニと違って、第五番目の足が偏平になっていて泳ぎやすくしています。

この足のことを「遊泳脚」と呼びます。
また泳ぎ方は、「横泳ぎです。」

扁平になっている脚が、遊泳脚(第五の脚)です。

産地
瀬戸内海のものが一番です。

旬時期
9月まではオス蟹がよく、10月ごろは雌雄どちらも変わらない時期です。
11月~12月になるとメスが卵を持つのでメスがよくなります。

その他
ガザミ雄、雌の見分け方

上側が”オス”です。
”ふんどし”と呼ばれる部分が 小さいですね。

こちらが”メス”です。
”子”を持つので、”ふんどし”と呼ばれる部分が 大きいですね。