料理下処理
アブラメ(アイナメ)
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
アブラメ(アイナメ)<br />
ウロコが非常に小さいので包丁でそぎ落とすのは大変ですが、きれいに取り除きましょう。今回は、2枚おろしまで行います。
アブラメ(アイナメ)<br />
金のたわしでウロコを取り除いてもいいですよ。金のたわしは、きれいに洗って下さい。
アブラメ(アイナメ)<br />
ウロコがたくさん取れます。
アブラメ(アイナメ)<br />
次にエラを取り除いて下さい。エラの頭側と、アゴ側に包丁を差し込み、エラに沿って包丁を入れエラを引っ掛けるようにすればうまく取れます。
アブラメ(アイナメ)<br />
アブラメ(アイナメ)<br />
肛門から包丁をいれ、内臓を取り出してください。
アブラメ(アイナメ)<br />
肝は食べられますので、真ん中の緑色をした塊はつぶさないようにしてください。 いわゆる胆汁なので苦味が肝につきます。この写真では、肝は画面下側の親指で抑えている肌色の部分です。
アブラメ(アイナメ)<br />
内臓を取り出したら血合いが取れるまでおなかの中をきれいに洗いましょう。 血合いが多いので爪を立てて、血合いをこそぎとりましょう
アブラメ(アイナメ)<br />
ここまで出来たら2枚におろしていきます。まず頭を切り落します。写真の様に胸鰭と一緒に斜めに包丁を入れて切り落してください。
アブラメ(アイナメ)<br />
アブラメ(アイナメ)<br />
おろすとこんな感じになります。
アブラメ(アイナメ)<br />
肝は、煮付けのときに一緒に炊けばよいので捨てないで下さい。またアラも出汁が出ますのでこれも捨てないでください。