料理
ママカリ寿司
 
魚種類
料理下処理
料理紹介
料理種類
サワラ通
市場天然魚の旬
下処理をして基本の形にします。今回は手開きにしてして握ります。写真の様に尾びれの所に切り込みを入れておきます。ママカリを右手で持ち、左手の親指を背骨に当て頭側から尾ビレに向かって背骨に沿って上側の身を背骨からはがれるように親指を滑らします。
次に右手で尾ビレを持ち左手の親指を尾びれの切れ込みにあて、背骨から身がはがれるように親指を滑らしていきます。
写真の様に親指を滑らして骨を取ります。
身から骨が離れたら骨を取り除きます。
骨を取り除くとこういった具合になります。
ママカリがさばけたら塩をふり、3~4時間置いておきます。(塩で身を締めます。)
次に酢と砂糖を混ぜてその中にママカリをつけておきます。酢の量は、ママカリがつかるくらいですが、酢の量を半分にして煮きった酒または水を混ぜてつけて下さい。一晩から一日ぐらい冷蔵庫の中でそのままつけておきます。今回は、金曜日の晩に漬けて、日曜日のお昼に寿司にしました。
いよいよ寿司にします。まず酢飯を作ります。酢の割合は、米1合に対して酢1合ぐらいです。砂糖は、適量です。甘すぎずスッパすぎずといったところでしょうか。酢飯にしたら蓋をして5分ぐらい蒸らしておきます。その後うちわであおいで冷ましておきます。詳しい作り方は、省略します。
酢飯とねたを握って出来上がりです。